競合サイトの文章量・キーワード数を一括で調べて、 検索上位を狙いましょう

30位までの文章量・テキスト量を一気一括でカウントチェックして表示します。
31,315 サイト調べたところ 文字量と検索順位にある程度の相関があることが分かりました。
統計が下にあるので、是非、参考にしてください。


検索順位によるサイト文字数・テキスト量・単語(キーワード)数比較調査評価
サイトの文字数は検索順位を決める大きな要因といわれています。
SEO用にサイトの文字数(テキスト量・テキストボリューム)を調べるサービスはよく見かけるのですが、 1サイトごとに調べなければならなかったりで面倒。そもそも検索順位をあげるために、 すべての競合サイトの文字数カウントなどを調べていることがほとんどなので、全部がっちんこして、キーワード入れれば 検索順位のサイトごとの文章量、単語(キーワード)数とユニーク単語(キーワード)数を調査するツールをつくりました。
いままでしらべた、各種統計集計も以下に表・グラフもついてます。(集計は検索上位10のみを対象)


目次

調査チェックツールの使い方

キーワードを入力して調査ボタンをクリックしてください。 入力していただいたキーワードをもとに検索順位の30位までの サイトのテキスト量・単語(キーワード)数・ユニーク単語(キーワード)数を調査します。 タイトルの文字数、メタディスクリプションの文字数、ページ全体の文字数をカウントチェックして 表示します。
URLを入力するとそのページのみの調査も行えます。
検索順位にのっていないページは、URLを入力して調べてください。
※)ページの読み込みが遅いサイトは「-」表示します。
※)遅延ロードする文字数は加算していません。
※)文章中の空白は1文字と検索します。
※)全体の結果はあくまで目安にしてください。
※)連続して調査するとエラーがでるときがあります。画面をリロードして再試行してください。
※)すべての調査結果はしばらくキャッシュします。

自分もしくは特定のページの調べる場合

URLを直接入力してください。1サイトのみ調べられます。

ページの文字数・文章量

SEOで上位を狙うなら、なんか10,000字は書きなさいと聞いたことがあります。 結構ダラダラ書いていると5,000文字くらいはすぐにいくかと思いますが、 10,000は半端ねぇ。下に統計も出してあるんで参考にしてください。 有益なことを簡潔にかけば、少ない文章でもSEOになります。とよく書かれてますが、 それを吟味して頭ひねるくらいならば、とりあえずドンドン書いてしまった方が、 結果的にコスパがよかったりします。

タイトルの文字数

海の向こうのSEOレポートだったのですが、最近は70文字くらい書いた方がいいよ、ということ書いたものが ありました。ざっとしらべた感じ、上位サイトは50文字は突破しているものもちらほら。ドンドン書いていいと思います。

メタディスクリプションの文字数

これも海の向こうのレポートだったのですが、300文字はいけるよ。と。ありました。 なので、300文字は書きましょう。なかには600文字こえているものもあるようです。 ページの文章そのままはいっているような感じ。 書いておけば、検索エンジンは読んでくれるみたいです。

単語(キーワード)数・ユニーク単語(ユニークキーワード)数

ガバレッジとか網羅性とかに関係あるんでしょうか。とにかくいろいろな単語(キーワード)をたくさん使って、 たくさん文章を書くといいみたいです。 本ツールでは総単語(キーワード)数とユニーク単語(ユニークキーワード)数を出してます。 単語だすだけなら簡単だよね。と機能追加してみたんですが、SEOの単語はキーワードであって日本語のいわゆる単語とは、 違うことに作ってから気がつきました。やれやれです。全体的に細かいチューニングが必要だと感じていますが、 現時点はこのような感じでいいのではないかと思っております。ご意見ありましたら、ご連絡ください。 とにかく最終的には、総単語を一意にしたユニーク単語数の増加を考えたほうがいいかと思います。これが増えればそれを説明するための単語数も おのずと増えていくことになるのでは、と思います。キーワード比率とかキーワード出現率も増えていくはずですよね。多分。

検索順位とクリック数

検索順位1位のサイトがそのキーワードの検索からクリック(トラフィック)の20%をもっていくとありますが、 当方が調べると50%以上もっていく場合があります。
SEOでは、せめて10位以内にとはよく聞きますが、 10位だと数パーセントあるかないかです。
上位になるに越したことないですが、きりがないですね。

いまどきの文字数・テキスト量・単語(キーワード)数(平均・最大・分布)各種統計集計

見ての通り、みなさんかなり書いてますね。23万字も書いているサイトがありました。 実は1位には、いわゆる(文字数の少ない)公式サイトが混じってくるため、 見るべきは、2位の文字数かと思います。 サンプルが5000くらい集まらないとなんともいえないですが、やはり相当量かかないと。およそ10000字。マジ万字。

ロード中。お待ちください。

検索結果、10位以内入れるには、今はこれ。

資料は上記の数値しかないのですが、ここまででいえることは、 10位以内入れたければ、
最低でも、 7000文字弱くらい書いたところで単語数をチェックして 2000単語を超えていること。
ここまで書くと、自ずとだいたいユニーク単語も600を超えているようです。 これでも足りなければ、今度はユニーク単語を増やす視点で文章を増やせばさらに字数も増えますかね。
もちろん、検索順位を決定付けるといっても、 その他の要素(被リンクなど)もたくさんありますが、文字だけでという意味で まとめてみました。

専門家のみなさんのSEOに向けての文字数・文章量の関係性に関するまとめ

SEOを鑑みて文字数・文章量について考察されているサイトをまとめてみました。
逆説でこの条件のときは関係あるという説明されている部分は見なかったことにしました。

文字数は順位に関係あるとしている方々

文字数は順位に関係ないとしている方々


お問い合わせ

改善要望や不具合はtwiterでDMください。
@preak_nu
当方SEO業者ではないので、SEOのご依頼は丁重にお断りします。

データ引用・使用

ご自由につかってください。
リンクしてもらえるとうれしいです。

使ってみてください

気に入ったらいいねなどよろしくお願いします。 たくさんの人に使ってもらえるとうれしいです。


競合サイトの文字数・単語(キーワード)数カウントチェックツール

調査が進まないときはリロードしてみてください。


の解析結果
検索
順位
タイトル
URL
タイトル
文字数
Desc
文字数
ページ
文字数
単語数
(キーワード)
ユニーク
単語数
(キーワード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

文字数カウントチェックツール

ただ単純に下のテキストエリアに入力された文字数を計算します。
ペースト使うのが一番おすすめです。
文末の改行は除外します。

文字数 0
総単語(キーワード)数 0 ユニーク単語(キーワード)数 0

検索ランキングの上位30サイトの文字数・テキスト量・単語(キーワード)数を一括調査チェック。SEO対策に。
もっと便利になるようなツールを提供しています。
検索ランキングの上位30サイトの文字数・テキスト量・単語(キーワード)数を一括調査チェック。SEO対策に。
検索ランキングの上位30サイトの文字数・テキスト量・単語(キーワード)数を一括調査チェック。SEO対策に。