ニュース

検索エンジンヘッドラインニュース 2019/11/24

BCはヤフー・ジャパンとラインの合併を推進する「秘密兵器」か? – モーニングスター 仮想通貨ニュース


テクノロジー大手のラインとヤフー・ジャパンの運営会社が経営統合に基本合意したことを受け、日本と韓国の業界関係者は、この合併で実現するかもしれない潜在的なBC(ブロックチェーン)の「相乗効果」について話し合っている。 ヤフー・ジャパンを運営するソフトバンクは、人気チャットアプリを設立したライン及びネイバーとの合意の詳細を公表した。 この合意事項によるとフィンテックが中核事業領域になる予定で、株主が承認すればラインとヤフー・ジャパンが合併し50%ずつ出資した新会社が設立されるという。日本の金融規制当局からも許可を得る必要がある。 東亜日報によると、この新会社はまずモバイル決済ソリューションに注力する予定で、ペイペイとラインペイの連携もあり得るという。 ヤフー・ジャパンはすでに、モバイル向け電子決済事業のペイペイにリップルのマネータップ・アプリを導入している。一方でラインは自社の仮想通貨・BC事業をラインペイと結び付けようとしていると考えられている。 東亜日報の見解によると、ネイバーの経営陣は、日本と韓国のテクノロジー企業が急成長している中国のテクノロジー大手企業群であるBATH(百度、アリババ、テンセント、ファーウェイ)と競争するためには、早急な行動が必要だと感じているという。 イーデイリーによると、韓国有数のセキュリティ企業であるNHインベストメント・アンド・セキュリティーズのある研究者は、ネイバーとラインはすでに日本トップのチャットアプリと韓国最大手の検索エンジンを持っていると指摘したという。 このビジネスの方程式に5000万人のユーザーを抱えるヤフー・ジャパンのプラットフォームを加えることは、これらの企業が世界的規模で競争する手助けとなる可能性がある。 韓国のBCコンサルタントであるミラ・キム氏はクリプトニュースに対し次のように語った。 「14年にはチャットアプリのカカオと検索エンジンのダウムとの合併が成功し、この合併に続いてカカオが多くの仮想通貨・BC関連活動に取り組んだことを思い出して欲しい。恐らくはこれが先例となるだろう」。 一方Fnニュースは、BC技術がこの新会社の「秘密兵器」になると考えている専門家の発言を引用し、費用のかかるクレジットカード取引の代替手段として、仮想通貨・BC技術を利用し日本の現金依存を打ち破ることが優先事項だと論じた。 同報道機関は、匿名の業界関係者の発言として、「ソフトバンクは着実にBC・仮想通貨関連のポートフォリオを構築している」と報じた。 この関係者は、ヤフー・ジャパンが経営権を持つ日本の交換所タオタオに加え、ユニコーン交換所のリキッド・バイ・コインとソフトバンクとの結びつきを指摘した。ソフトバンクCEO(最高経営責任者)の弟がリキッドの大口投資家であり、リキッド運営会社の複数の上級役員はソフトバンクの元幹部だ。 (イメージ写真提供:123RF) https://cryptonews.com/news/is-blockchain-the-secret-weapon-driving-the-yahoo-japan-line-5100.htm This story originally appeared on cryptonews.com. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて…
http://vc.morningstar.co.jp/005464.html
2019/11/24 15:06

文字数と検索順位(SEO)の調査統計結果いまどきの文字数・テキスト量・単語(キーワード)数(平均・最大・分布)各種統計集計 見ての通り、みなさんかなり書いてますね。23万字も...

孫社長はいかに? 巨大企業のワンマン社長は「独裁経営」のリスクを悟れるのか!(大関暁夫) : J-CAST会社ウォッチ


Zホールディングス(ヤフー)とLINEの経営統合が、大きな話題になっています。ヤフーはインターネット黎明期にソフトバンクの孫正義氏の先見により、日本初のWEB検索エンジンとして1996年に創業し、その後さまざまな事業拡大をはかりながら、親会社ソフトバンクとの連携を含めてIT業界で確固たる地位を築いています。
https://www.j-cast.com/kaisha/2019/11/24373350.html?p=all
2019/11/24 10:00